MONTHLY PHOTO







May 2017 Cambodia

カンボジア地方選挙キャンペーン

Cambodia Commune Elections Campaign









2017年5月21日からカンボジアでは約2週間にわたる地方選挙キャンペーンが全土で始まった。
選挙戦半ばの28日。30年以上に及ぶ強権的な支配体制を敷く与党、人民党に対して、
変革を求めて闘う野党、カンボジア救国党の支持者たち約2万人がプノンペンに集い、変革の願いを叫んだ。



Supporters of the opposition Cambodia National Rescue Party (CNRP) cheer
during a campaign rally for the commune elections 2017 in Phnom Penh on May 28, 2017.









April 2017 Cambodia

クメール・ルージュによるプノンペン陥落から42年

To mark the 42nd anniversary of the fall of Phnom Penh to the Khmer Rouge






2017年4月17日、クメール・ルージュによるプノンペン陥落から42年の日。

その直後に誕生したポル・ポト政権下の3年8か月20日間で、約170万人の人々が死に追いやられた。

42年目の昨日は、一つの虐殺場の慰霊地で慰霊祭が行われ、犠牲者の方々の遺骨が安置されている慰霊塔の中を、

慰霊祭に参加をした僧侶が静かに見つめていた。


A monk looks at human skulls displayed in a memorial tower at the Choeung Ek killing fields

during a memorial service to mark the 42nd anniversary of the fall of Phnom Penh to the Khmer Rouge.







March 2017 Cambodia

親子の時間



Parent and child







親子。カンボジア南西部の海岸。

Parent and child. Sihanoukville.









February 2017 Cambodia


土地問題活動家テップ・バニーへの弾圧


Prominent land rights activist Tep Vanny was sentenced to 30 months in prison












2月23日、政権により囚われしカンボジアで最も著名で尊敬を集めている

女性土地問題活動家Tep Vannyに2年6か月の投獄が宣告された。

彼女の釈放を求め裁判所の外でデモを行う人々は、セキュリティガードたちの暴力によって弾圧されていった。

権力の横暴は、来年に総選挙を迎える中で、変革と社会正義を求める人々への弾圧をさらに強めている。




On the morning of 23th February 2017,Tep Vanny, the most prominent land rights activist

in Cambodia was sentenced to two and a half years in prison in relation to a protest in 2013 in front of Prime Minister Hun Sen's house.

In parallel with that, supporters of Ms.Vanny clashed with security forces during a demonstration to demand

the release of her outside the Phnom Penh Municipal Court.

Some protesters got injured because the security forces responded violently to the demonstration.



https://www.lightrocket.com/satoshitakahashi/galleries/go/15520/tep-vanny-was-sentenced-to-30-months-in-prison








January 2017 Cambodia


土地問題活動家テップ・バニーの釈放を求めて

Activists call for release of prominent land rights activist Tep Vanny












30年間の支配体制を敷くフン・セン政権による人権弾圧の中で、

人権活動家、野党メンバーが次々と不当に逮捕されている。

そして、権力の横暴に対して闘い続けていた著名な女性土地問題活動家

Tep Vannyが2016年8月15日に、囚われている人権活動家たちの釈放を求めるデモ中に逮捕され、170日以上に

及ぶ収監が続いている。権力の横暴と人々は勇気を持って対峙し、人々は彼女の釈放を求め続けている。



Prominent woman land rights activist Tep Vanny was arrested by authorities during the 15th 'Black Monday' protest on 15 August 2016.

Since then, she has been detained more than 170days by the political power.

Civil rights activists continue to persevere to call for the release of her against the government.







December 2016 Japan


なまはげ

Japanese Traditional Namahage Festival







国の重要無形民俗文化財「なまはげ」。

秋田の男鹿地方に古来より伝わり継承されている伝統民俗行事。

神の使者とも考えられているなまはげは、人々の怠惰な心を正し、幸と健康、豊穣をもたらす。



Japanese Traditional Namahage Festival has been passed down from ancient times around Oga city, Akita prefecture, Japan.

It was designated Important Intangible Folk Cultural Property of Japan as Oga's 'Namahage' in 1978.



Namahage images published on Getty Images.

http://www.gettyimages.co.uk/search/events/1000000189?excludenudity=false&family=editorial&sort=best&phrase=







November 2016 Cambodia


活動家たちの釈放を求めて

Black Monday Protest







30年間の支配体制を敷くフン・セン政権による人権活動家、野党メンバーが次々と不当に逮捕されている。

そして、権力の横暴に対して闘い続けていた著名な女性活動家Tep Vannyが8月15日のデモ中に逮捕された。

人々は人権活動家と彼女の釈放を求め、キャンドルを灯し祈りをささげた。


Boeng Kak community activists calling for the release of prominent woman land rights activist Tep Vanny,

four officials for human rights group ADHOC and one official for National Election Committee (NEC) during a 'Black Monday' protest at

Boeng Kak lake area in Phnom Penh.








September 2016 Cambodia


ケム・レイ氏の100日法要

Kem Ley's 100th day funeral ceremony







30年間の支配体制を敷くフン・セン政権による人権活動家、野党メンバーへの

弾圧が激しさを増す中で、フン・セン政権の横暴に対して勇気を持って批判をし、

深い思慮を持って闘い続けていた著名な政治アナリストの

Kem Ley氏が7月10日の朝に銃撃され、暗殺された。彼の死から100日後、人々は彼を悼む銅像を完成させ、

その銅像とともに、プノンペンから約80キロ南に位置する彼の故郷まで、追悼の行進を行った。



A woman pays her respects to prominent political analyst Kem Ley in front of his statue

during a funeral ceremony to mark 100 days since his death.

Kem Ley was shot dead at Caltex convenience store in central Phnom Penh on July 10, 2016.








August 2016 Cambodia

テップ・バニーの釈放を求めて

Black Monday Protest







30年間の支配体制を敷くフン・セン政権による人権活動家、野党メンバーへの弾圧が激しさを増す中で、

権力の横暴に対して闘い続けていた著名な女性活動家Tep Vannyが8月15日のデモ中に逮捕された。

人々は彼女の釈放を求め、裁判所前での抗議デモを開始した。


Boeng Kak community activists calling for the release of prominent woman land rights activist Tep Vanny,

four officials for human rights group ADHOC and one official for National Election Committee (NEC) during a 'Black Monday' protest

in front of the Phnom Penh Municipal Court.







July 2016 Cambodia


政治アナリストKem Ley暗殺

Prominent Political Analyst Kem Ley Shot Dead







30年間の支配体制を敷くフン・セン政権による人権活動家、野党メンバーへの

弾圧が激しさを増す中で、フン・セン政権の横暴に対して勇気を持って批判をし、

深い思慮を持って闘い続けていた著名な政治アナリストの

Kem Ley氏が7月10日の朝に銃撃され、暗殺された。

彼の葬儀には連日数千人の人々が訪れ、奪われた尊い命へ哀悼の意をささげている。

カンボジアの深刻な人権状況は、絶対的な権力の横暴により、さらに深刻な状況へと向かっている。




Prominent political analyst Kem Ley who was shot dead at a convenience store of gas station in Phnom Penh around 9am, July 10, 2016.

He was a frequent critic of Prime Minister Hun Sen and founder of grassroots advocacy group 'Khmer for Khmer'.

Thousands of mourners attend a funeral ceremony to pay their respects to him each day.







March 2016 Cambodia


国際女性DAY

International Women's Day in Cambodia







3月8日、国際女性デイのカンボジア。女性の権利の確立を求め、そして、社会正義の

確立を求め、多くのカンボジアの女性たちが自転車を用いたデモ行進を試みた。

しかしその動きは、武装警察によって阻まれ、彼らは数時間対峙を続けた。


Some hundreds of people gathered in front of the Ministry of Women’s Affairs to celebrate International women's day.

They attempted approximately 9 km bicycle ride to the Diet Building for

insist on the establishment of women's rights to the government.

However, the action blocked by security guards and police.


https://www.lightrocket.com/satoshitakahashi/galleries/go/14191/international-womens-day-in-cambodia







February 2016 Cambodia


不当解雇された元バスドライバーたちの抗議運動への弾圧

Tuk Tuk drivers attack the protesters







不当解雇されたバスドライバーたちの抗議デモを、

暴力で弾圧する武装したトゥクトゥクドライバーたち。


老舗長距離バス会社「Capitol Tours bus company」の運転手30人以上が昨年に不当に解雇された。

彼らは不当解雇の撤回を求めて抗議デモを数か月間続けている。

しかしこの日、武装したトゥクトゥクドライバーたちによって彼らの動きは弾圧された。



More than 40 former bus drivers of the Capitol Tours bus company hold protest demonstration

for solution to unlawful dismissal in front of the long-distance passenger bus station of the company

near the Orussey market at Prampi Makara district in Phnom Penh.

At about 9:30am, Tuk Tuk drivers attacked the protesters with metal bars and sticks.

Several protesters were injured by this attack and two protesters were arrested by riot police.


https://www.cambodiadaily.com/news/violence-breaks-out-at-capitol-tours-drivers-demonstration-107681/

https://www.lightrocket.com/satoshitakahashi/galleries/go/13975/capitol-bus-protesters-clash-with-tuk-tuk-drivers







January 2016 Cambodia


人権侵害の解決を求めて

Activists seek support from John Kerry







カンボジアを訪れていたアメリカ国務長官ジョン・ケリー氏に対し、土地問題を含めた様々な

人権弾圧の解決へのサポートを訴える、開発による土地の強制収容問題と闘い続ける土地問題活動家たち。


Land rights activists hold photographs of US Secretary of State John Kerry in Boeng kak area Phnom Penh.

They seek intervention from the United States of America for solution to human rights abuses in Cambodia.









December 2015 Cambodia


土地問題の解決を求めて

Cry out for solution to land issues







カンボジアの首都プノンペンの市内にある世界銀行前で、

土地問題の解決を訴えるデモ中に警察によって取り押さえられる土地奪われし土地問題活動家たち。


彼らは、政府と開発業者の結びつく都市開発に対しての資金貸付凍結を世界銀行に対して強く求めた。

彼らはプノンペン中心部のボンコック地区から、

開発のために郊外へ強制移住させられ、正当な補償を求め闘い続けている。



Land grabbing victims of Boeng kak and Borei Keila gathered in front of World Bank's office

in Phnom Penh for solution to land issues.

They demanded that the bank should freeze the loans to the country for urban development and

they denounced the bank takes the land of poor people in conspiracy with the government.

Boeng Kak communities must move from Boeng Kak area of central Phnom Penh to the outskirts the city.

Several thousand people were embroiled in the deportation from 2009 by land development.








July 2015 Cambodia


カンボジア‐ベトナム国境問題

Cambodia-Vietnam border dispute







カンボジア‐ベトナム国境で川の向こう側に位置するベトナムに対し、

自らの領土の主張をするカンボジアの活動家たち。

彼らは、カンボジア‐ベトナム国境の東部エリアで、ベトナムによって領土が侵食されている

エリアがあると主張し、その失地回復のために国境への遠征を繰り返している。



Cambodian demonstrators protest against Vietnamese about border dispute at

Cambodia-Vietnam border of Kompong Ro district in Svay Rieng province.

They repeat the trip to some east borders to insist on a territory of Cambodia.








June 2015 Cambodia


NGO法案への抵抗運動

Protest against NGO law







政府が施行を目指すNGO法案に対し、国会議事堂前で抗議のデモを行う活動家たち。

カンボジア国内で活動をしているすべてのNGOの活動の登録を義務付け、

活動や財源についても政府に把握され、政府が彼らの動きを制御、取り締まりを容易とする

NGO法案に対し、カンボジアで活動する多くの人権NGOや人権活動家たちが批判の声をあげている。




Hundreds of demonstrators gathered in front of the National Assembly to protest against

the Law on Associations and Non-Governmental Organisations (LANGO).

In all NGOs and associations the registration to the government required by the law.

And they must submit annual reports of their own activities and finances to the government.

NGOs, Associations and human rights activists strongly criticize the law because the government

become easy to control their human rights activities and their social movement to confront the power of the state.







April 2015 Cambodia


土地問題活動家たちの釈放

Land rights activists released from Prey sar prison







昨年の11月10日、土地問題の解決に関するデモ活動中に逮捕された土地問題活動家たちが

恩赦を受け4月11日の午後に釈放された。

彼らは歓喜の声をあげ、プノンペンの街を車で行進した。

カンボジア最大野党、救国党党首サム・レンシーがフン・セン首相に活動家たちの

釈放を働きかけた政治的交渉が、実を結んだ形となった。




10 land rights female activists were released from Prey Sar prison in Phnom Penh on April 11 2015 by royal Pardon.

There were political negotiations between opposition leader Sam Rainsy and Prime Minister Hun Sen in the background of their victory.

Seven activists were arrested during protest against land issues in front of the city hall on November 10, 2014,

the other three were arrested the next day, during a protest for demand their release.







November 2014 Cambodia


釈放を求めて

Free the land rights activists







奪われし土地の権利を求めて、抗議デモをしていた土地活動家たち19人が逮捕された。

彼らが囚われている刑務所前で、一人の少女が、囚われている自分の祖母の釈放を涙を流して訴えた。

彼女の祖母は、土地問題活動家の一人として、いつも最前線で闘い続けていた。


The grandchild of imprisoned activist Nget Khun who calling for the release of her grandmotherat outside of Prey Sar prison.







October 2014 Cambodia


ボレイ・ケイラ、奪われし土地のための闘い

Borei Keila-Fight for land rights







自分達の土地を奪った開発企業のオーナーを模した人形に市役所前で火を放ち抗議する

「ボレイ・ケイラ地区」の人々。

政府と開発業者との癒着・汚職が生み出す土地開発によりボレイ・ケイラ地区の人々は、家を土地を

強制的に破壊され、居場所を奪われた。

彼らは、自らの権利を取り戻すために権力に対して闘い続けている。




October 14th 2014, Borei Keila community land grabbing victims burned the puppet of Ms. Suy Sophan,

owner of Phan Imex construction company calling for the solution of land issues in front of the city hall in Phnom Penh.







September 2014 Cambodia


ボレイ・ケイラ、奪われし土地のための闘い

Borei Keila-Fight for land rights








自分たちの家を土地を返して欲しいと泣きながら懇願するボレイ・ケイラ地区の子どもたち。

政府と開発業者との癒着・汚職が生み出す土地開発により

「ボレイ・ケイラ地区」の人々は、家を土地を強制的に破壊され、居場所を奪われた。

彼らはこの日、自分たちの切なる思いを記した請願書をデモ行進を行いながら国会議事堂に届けようとした。

彼らの前には武装警察と機動隊が立ちはだかり、彼らの行く手を阻んだ。


Children of Borei Keila community calling for the land rights of their own in front of district security guards

during protest against the government.

In 2012, January 3, Borei Keila's 384family's original houses were destroyed

by an order of a developer and the government due to land development.

They were driven into a serious situation that cannot but live in an inhuman huts.

Since then they have fought against the government and Phanimex construction company for true justice and land rights of their own.






(C) 2017 Satoshi Takahashi. All rights reserved.



inserted by FC2 system